自分のいいところを1000個見つけたら自分を好きになれた話

こんな人に向けた記事です
  • 自分のことが嫌いだけど好きになりたい人
  • 自分のことが好きだけどもっと好きになりたい人
  • 自分のいいところを1000個見つける方法を知りたい人

自分大好きの極み、フィルです。
自分を嫌い続け、精神を病み続けてきた半生でした。

プロフィール

そんな僕が、自分を好きになり、救われた理由の1つ、それが……

「自分のいいところ1000」

自分のいいところを1000個見つけるというワークです。
このワークをやり通して、やっとこう思えるようになりました。

  • 自分には価値がある
  • この世界に生きていてもいい

そんな「自分のいいところ1000」ですが……
100個でも効果はあります、もちろん。
しかし、僕の感想としては、

100個 → 焼け石に水
1000個 → 焼け石に消防ホース

くらいに、段違いの効果を感じました。

1000個まで見つけてやっと、
「それまでどうしても救いきれなかった心の深部」
まで到達できたのだと思います。

自分のいいところを1000個見つけると、なぜ救われるのか。それは……

「一生いっしょにいる一番身近な人間である自分を好きになれるから」

自分という人間は、「一生いっしょに住み続ける同居人」のようなものです。
そんな同居人のことが「大嫌い」だったら、どれだけ苦しい人生になるでしょう。
そんな同居人のことが「大好き」だったら、どれだけ幸せな人生になるでしょう。

この記事では、そんな「生涯の同居人」である自分を好きになるために、
「自分のいいところを1000個見つける方法」をシェアしていきます。

実際に僕が達成した「自分のいいところ1000」はこちら。

自分のいいところ1000

前置きはいいから早く方法を知りたいという方はこちら。

自分のいいところを1000個見つける方法
(下までスクロールします)

それでは、「自分のいいところ1000」、やっていきましょう!

「自分のいいところ1000」を始める前に

どんな変化が得られるのか

「自分のいいところ1000」によって、どんな好ましい変化が起きるのかをイメージしておくと、より楽しくワクワクしながら取り組めるようになるかと思います。

僕の場合、大きく分けて5つの変化が得られました。

「自分のいいところ1000」によって得られる5つの変化
  1. 自分には価値があると思える
  2. 自分を好きになる
  3. 心のダメージを軽減できる
  4. いやなことがいいことになる
  5. 自信がついて行動的になる

①自分には価値があると思える

  • 自分には価値どころか害しかない……
  • 自分は誰よりも醜い雲古以下の存在……

と思いながら生きてきたのが、
自分のいいところを1000個も見つけると、

  • 自分には価値がある!
  • 自分にはいいところが無限にある!

という高い自己価値感(自己肯定感)が手に入ります。

②自分を好きになる

自分という存在を、

  • キモイ……醜い……汚い……

と蔑みながら生きてきましたが、

  • カワイイ……美しい……尊い……

と思えるようになりました。
セルフイメージが上がります。

セルフイメージ = 自分はこんな人だという主観的なイメージ

ただし、主に内面的な領域です。外面的な容姿については、また別のアプローチが必要です。たとえば、醜形恐怖(しゅうけいきょうふ)くらいの「自分の容姿への病的な自己嫌悪」がある場合は、ムリに自分の容姿を好きになろうとせずに、内面的な価値から見つけていったほうが安全です。

③心のダメージを軽減できる

多少のいやなことがあっても、

  • でも自分のいいところ1000個もあるし♬
  • しかもこれから無限に増やせるし♬
  • どうせそれもいいところだし♬

というふうに心の中で唱えることで、受身をとってダメージを軽減できるようになります。
必要以上に自分で傷を深めなくなるので、とても生きやすくなりました。

「どうせそれもいいところ」は特に、「いやなことがあったらすかさず唱えてダメージを軽減できる魔法の言葉(受身フレーズ)」として重宝しています。

④いやなことがいいことになる

多少のいやなことがあっても

自分のいいところリストに放り込めば

いいことに転換されて出てくる

という仕組みが心の中につくられます。

「自分のいいところ1000」を達成したリストは、その後も「いやなことをいいことに転換してくれる魔法の箱(いいねボックス)」として活用していくことができます。

⑤自信がついて行動的になる

  • 本当はしたいことがあるけど怖い……
  • 自分なんてそれをやる資格がない……

と萎縮しながら生きてきましたが、

  • なんかとりあえずやっちゃってよさそう!
  • どうなってもどうせいいところになるし!

「自分のいいところを1000個知っているゆえの自信」が、少しずつ育ってきました。
その具体的な行動の一歩目、それがこのブログというわけです。

「自分のいいところ1000」は、「過去の失敗を価値に変えるトレーニング」でもあります。
だから、「未来の失敗にも価値がある」と思えるようになり、行動的になれるわけです。

一生モノの自己肯定力

上記を一言で表すと、こうなります。

「一生モノの自己肯定力」

「自分のいいところ1000」は、これさえやれば無敵の自分大好き人間に生まれ変われるという「万能薬」ではありません。

うまくいかないことがあれば落ち込むし、ひどいことを言われれば傷つきます。

しかし、いったん身につけた「一生モノの自己肯定力」は、多くの場面で助けてくれる心強い「良薬」であることは間違いありません。

その「一生モノの自己肯定力」は、主に次の2つからなっています。

①受身フレーズ

多少のいやなことがあっても、「受身フレーズ」を心の中で唱えて受身をとることによって、ダメージを軽減できるようになります。

人によってオリジナルの「受身フレーズ」が生み出されていくことになると思いますが、僕の場合はこんな感じです。

受身フレーズ
  • 「でも自分のいいところ1000個あるし」
  • 「しかもこれから無限に増やせるし」
  • 「それもどうせいいところ」←特に重宝

②いいねボックス

多少のいやなことがあっても、「いいねボックス(自分のいいところリスト)」に放り込めば、いいところに転換してくれます。

いいところに転換するのはもちろん自分ですが、たとえば、

いいねボックス

「コンビニで傘を盗まれた」

 いいねボックスに放り込む
 (自分のいいところリストに書き込む)

「コンビニで傘を盗まれるという通過儀礼的な体験ができて知見が広がった」

「受身フレーズ」で受身を取り、すかさず「いいねボックス」に放り込むというコンボを決めれば、ダメージ軽減どころかプラスに転換することさえできます。


上記をまとめた図がこちらです。

そんな「一生モノの自己肯定力」を身につければ、
だいぶ生きやすくなるのではないでしょうか。

特に、

  • ちょっとしたいやなことですぐに深いダメージを負ってしまう
  • さらにそれを脳内でエンドレスリピートして傷を深めてしまう

そんな、自己肯定力が弱く自己否定力が強い人が救われるために、この力が役に立ちます。

「一生モノの自己肯定力」を身につけず、
「嫌いな自分」とすごす人生。

「一生モノの自己肯定力」を身につけて、
「好きな自分」とすごす人生。

果たして、同じ人生になるでしょうか。
明らかに後者のほうが、安らかで幸せな人生になりそうです。

自分のいいところを1000個見つけるのは、たしかに時間がかかります。
しかし、得られる恩恵は「一生を好きな自分とすごせる幸せな人生」

やる価値、あります。
いや、価値しかない!

僕も、次は2000個を目指して、自分大好きを極めていきます。
いっしょにやっていきましょう!

自己否定はいいところの原材料

「1000個を必ず達成しなければいけない」と、こだわる必要はまったくありません。
もし1000個見つけられなくても、絶対に自分を責めないでほしいです。

いいところを見つけたその分だけ、「好き」が増えて楽になります。
1000からのマイナスカウントではなく、0からのプラスカウントしかありません。

とはいえ……

  • 自分のいいところ10個も見つけられない……
  • やっぱり自分はもう何をやってもダメだ……

という、本末転倒な自己否定をしてしまう状態があることは、僕も経験的にわかります。
しかし、あえて言います……

自己否定は禁止!!
いや、むしろ……
自己否定は好機!!

自己否定を見つけたら、傷を深めないうちにすかさずいいところに転換できるようにするための「ありがたい練習の機会」にしてしまいましょう。たとえば、

  • 自分のいいところを100個も見つけられたって実はかなりすごい
  • 100個見つけた分、自分のいやなところが減って、自分の好きなところが増えた

たくさん追加して、むしろ喜んじゃいます
できるだけ早く、傷が浅いうちにです。

  • さて、こいつをどう料理したら美味しくなるだろう♬
  • こいつをいいところに転換できたら、けっこうレベル高いよな♬

そうやってゲームのように楽しみながら、自己否定をいいところに転換していきます。
ドラクエのモンスターを倒して仲間にしたり、ポケモンをコレクションしたりする感じ。

自己否定を「いいところの原材料」として、できるだけ喜ぶようにする。
そんな寛容な心持ち、いわば遊び心をもってやっていきましょう。

自分のいいところを1000個見つける方法

いよいよメイントピック、「自分のいいところを1000個見つける方法」をシェアします。

  • 自力で1000個見つけることに意味があるんだ!

という克己心や自立心を大切にしたい方は、見ないほうがいいかもしれません。

しかし、どちらでもOKです。
自力でやっても、他力を借りても。

  • まずは自力でやってみる克己心と自立心がある
  • 他力を借りて効率よく進める要領のよさがある

というふうに、いずれもいいところとして追加すればOK。

結局、どんな選択をしたとしても、それを「いいところだ」と思えるようにする
そんな自己肯定力を身につけることこそが、「自分のいいところ1000」の目指すところです。

それでは、やっていきましょう!

いいところの例として書かれているものは、僕自身のものである場合もあれば、そうでない場合もあります。

自分のいいところを1000個見つける方法12

「自分のいいところ1000」達成を目指す方へ

  • 自分のいいところなんて、本当に1000個もあるのか?
  • こんなことしていて、本当に意味あるのか?
  • それより、勉強とか筋トレとかのほうが有益なんじゃないか?

という疑念が頭をもたげることが、僕もたびたびありました。
しかし、それでも「自分のいいところ1000」が必要という「揺るがない結論」があったのです。

自己肯定感という心の土台がしっかり固まっていないかぎり、
その上にどんな技術や経験を積んでも、揺らいで崩れてしまう。

そのことを痛感させられる経験を、幼少からずっと繰り返し続けてきました。

だから、何よりもまず、「自己肯定感という心の土台をしっかり固めること」を最優先にする。
それを達成するための方法として、「自分のいいところ1000」が最適だと直感したわけです。

自己肯定感が最重要だ、と思い知らされる経験をしてきた人はたぶん、僕だけではない。
同じように痛切に望んでいる方が、多いような気がするのです。

だから、「自分のいいところ1000」に、チャレンジしてほしい。
自分を好きになることを、あきらめないでほしい。
今より少しでも、生きやすくなってほしい。

ただ、「自分のいいところ1000」は、アスリートの体幹トレーニングのように地道です。
体幹は、目に見えず意識しにくい部分ですが、呼吸や姿勢や動作すべての基盤となるもの。
そんな体幹と同じように、人生のすべてに影響を及ぼす「心の体幹」を鍛えるということ。
だから、一朝一夕ではなく、地味で時間のかかるワークであることは否めません。

特に後半になるほど、自分のあまり見たくない部分にも光が当たるので、ペースが落ちます。
その段階になると、Google先生や人に聞いても、これだ!としっくりくる答は得られません。
なので、どうしても「自分で自分をどうにか肯定していくしかない」段階がやってきます。

実際に僕も、250個・500個・750個くらいで、かなりペース落ちました。
しかし、そのたびにブレイクスルーが起き、世界がひらけ、救われる瞬間があったのです。

  • 自分にいいところ、本当はこんなにあったんだ!
  • いやだったところも、実はいいところだったんだ!
  • 自分って本当は、こんなにキレイな存在だったんだ!

だから、実はそんなに身構える必要はありません。
自分のいいところを1000個見つけるのは、登山のようなものともいえます。
高く登るほど、見える景色も感じる空気も、より清々しいものになっていく。
結果、自己肯定感や自信も同時に高まっていくので、楽しみながらやり通せると思います。

そして、1000個を超えれば、あとは楽になります。
自分の中に一生モノの自己肯定力が完成するからです。

停滞期から見える景色の変化も楽しみつつ、あきらめずに1000個まで到達してほしい。
そして、「一生モノの自己肯定力」を手にして、かつてない生きやすさを味わってほしい。

そのために、僕はここで、自分を好きになる方法を発信し続け、応援しています。
いつか、あなたが見つけた「いいところ1000」に出会える日を、心から楽しみにしています!

自分を好きになることは他者貢献

自分を好きになるためだけに始めた、「自分のいいところ1000」。
達成してみると、自分が救われるだけでは済まないことがわかりました。

自分がいいところばかりになると、自分だけでなく、他人もいいところばかりに見えてくる
他人がいいところばかりに見えると、他人を好きになり、そんな自分をさらに好きになれる
自分をさらに好きになると、心の余力が生まれて、自ら発信していく外向きな姿勢になれる

つまり……

自分を好きになることが、
他人を好きになることにつながる。

自分を好きになることが、
他者貢献や社会貢献につながる。

だから、もっと自分を好きになればいい。
自分を好きになる人が、もっと増えればいい。

そう願いながら、この記事を書いてきました。

最後に、僕からあなたへの、率直なお願いがあります。
あなたに、「自分のいいところ1000」にチャレンジしたり、シェアしたりしてほしいのです。

「自分のいいところ1000」にチャレンジすれば、自分のことを好きになれます。
あなたが自分を好きになれば、あなたと関わる人も心地よさを感じてくれます。

「自分のいいところ1000」をシェアすれば、より多くの人が自分を好きになれます。
あなたが自分を好きになることが、遠くの誰かが救われるきっかけにさえなります。

そうやって「自分のいいところ1000」が広まり、自分を好きになる人がどんどん増えていく。
そんな「自己肯定の連鎖」をいっしょに生み出していく、仲間になってほしいのです。

「自分のいいところ1000」にチャレンジし、嫌いだった自分を好きになれますように。
そして、それをシェアしていった先で、いつかお会いできることを楽しみにしています!

記事を読み終えたあなたのいいところ
  1. 自分のことを好きになりたいという望みを持ち実行に移そうとしている
  2. 自分のことを好きになるにつれ関わる人々にもいい影響を与えていくことになる
  3. 自分のことが嫌いな人の心情に共感して差し上げられる
  4. 自分のことが嫌いで息苦しいながらもここまで懸命に生きてきた
  5. 自分のことが嫌いだったからこそ感じたり学んだりした経験に価値を見いだせる
  6. 「自分大好き大全」にたどり着ける情報アクセス能力と良縁がある
  7. 「自分大好き大全」のアクセス数に貢献して「自己肯定の連鎖」を支援している
  8. 「自分のいいところ1000」という超絶に長い記事を読む忍耐力がある
  9. 「自分のいいところ1000」を達成する未来を描いてワクワクできる想像力がある
  10. 「自分のいいところ1000」をシェアして「自己肯定の連鎖」を生み出せる